FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめて何冊か


空の中 (角川文庫)空の中 (角川文庫)
(2008/06/25)
有川 浩

商品詳細を見る
海の底 (角川文庫)海の底 (角川文庫)
(2009/04/25)
有川 浩

商品詳細を見る


 とりあえず、まとめて読みました。
 どちらも楽しく読みましたが、はっきりと伝わってくるのは、作者は「人間を書きたい」のだなあ――ということでした。

 氏の作品は、よく「恋愛ものだ」と書かれますが、それでくくるのももったいないかな? と。

「空の中」では、人間とはちがう知的生命体に対して「フェア(公平)であること」を武器に交渉する高巳がいい味を出してました。「海の底」では警察の皆さんがとても鮮やかに描かれてますよね。

 次に買うとしたら、やはり「図書館戦争」なのかなあ……

何冊かまとめて……


 先日の日記を読んだ方から「仁科にとっては一般小説を読むことが執筆の糧か」とのコメントがありました。確かに記事を読み直すとそう受け取れるように書かれていますね。
 これは自分の表現が悪かったからですが、まったくの誤解でして。
 本ならなんでも糧になりますね。小説も、エッセイも、マンガも、エロも一般も、なんでもです。問題は、その本を読む幅を狭くしてしまっていたことで。幅広いジャンルの本を読むことを再開して、今はとても楽しいです。

 もちろん映画やドラマ、写真集なんかも糧になりますが、やはり文章が絡むメディアの方がより役立ちますかね。
 それでも、やっぱりまた映画のDVDとかも借りてこようかなと思ってます(もう、レンタルビデオなんて2年近く借りてないですね)。

 さてと、読んで面白かった本を、何冊かまとめて。


隷嬢たちの放課後 テニス部員と図書委員長 (リアルドリーム文庫 33)隷嬢たちの放課後 テニス部員と図書委員長 (リアルドリーム文庫 33)
(2010/02/28)
北都凛

商品詳細を見る


 以前から好きな北都凛センセの新刊です。
 スポーツ系美少女と文系お嬢様が、並べて犯され、辱められる話です。
 相変わらず、ツボを押さえたエロエロです。

 キャラクター同士の絡ませ合い方が上手いんですよね。……いや身体の絡ませ合い方もですが(笑)、それだけでなく人間関係という意味でのからませ方が。それが女性キャラの被虐性を、より魅力的に高めてます。
 後半の、エロく堕ちてしまった千鶴先輩の言動なんて、とくにイイ感じでしたよ。

 相変わらず読者を裏切らない、満足な作品でした。



 
月下の巫女(美少女文庫)月下の巫女(美少女文庫)
(2010/02/20)
わかつき ひかる

商品詳細を見る


 これまた、以前から楽しませていただいているわかつきひかるセンセの新刊です。

 いやもう、この作者にこのイラストという時点で、買ってハズレる心配はしませんでしたね(笑)
 そして実際に、買ってよかった一冊でした。

 意地っ張りで可愛いヒロインがいいですよね。それが原因で、主人公クンにイジメられてしまう構図が、またとても上手いです。けっこう酷いプレイをしても、陰惨な感じがなく、キャラに愛着を持ちながら読むことができました。
 暗くなくて、ヒロインは1人、そのくせエッチもハード……なかなかできないですよね。自分もこんなの書きたいなあと、目標のひとつにしたくなりました。



 
処女と淫魔 (マドンナメイト文庫)処女と淫魔 (マドンナメイト文庫)
(2010/02/10)
鬼椿 ユング

商品詳細を見る


 あれやこれやで入手が遅くなってしまいましたが、マドンナメイト愛読者に衝撃を与えただろう一冊です。

 表紙も中身も、いつものマドンナメイトから逸脱しまくった作品ですが、読んでなるほど。これを編集さんに出版させてしまったパワーとかイマジネーションだとか、溢れまくっているのが伝わってきました。柚木くんトコに掲載されているインタビュー記事も凄かったっけなあ。
 怪作……というのが、いちばんピンとくるかな?

 次はいったい、どんなのを持ってくるのだろうかと。氏の活躍に注目したいです。

すげぇ楽しみです


 フランス書院文庫(いわゆる黒本)から、美少女文庫を主戦場とする作家さん:青橋由高センセの新作が発売されました。
 その内容については、本を入手してから書くとして。

 いや仏蘭西書院で自分を担当して下さっている編集さんには、興味深々だとは伝えてあったのですね。もちろん、あわよくば本をくれるんじゃないかなあ? とか露骨に期待した上で(笑
 センセの作品は、ほとんど全部読んでいる自分ですから。

 美少女文庫の作家さんに、しかも「美少女文庫よりも甘々で書いてください」と注文した編集さん(青橋センセのブログより)の姿勢には、明確なイノベーションも感じますし。

 さて、直接的にはおねだりしていなくても、間接的には本をクレと伝えていた編集さんから、メールが届きました。

「ごめんなさい。青橋センセイの新刊は、評判が高すぎて仁科さんにあげらる分を確保できませんでした」

 …………ムチャクチャ、楽しみですよ!!
 ネット書店で注文したのですが、一日も早く届いてほしいものです。

本を読むこと


 先日、ブログのコメントに『一般小説とかを読んで、官能小説の参考になるのか?』との書き込みを頂きました。
 そこにも書きましたが、自分にとっては「参考」というよりは「糧(かて)」になるといったところでしょうか?

 実はここ何年も、読書量が減ってました。以前からの職と、さらに追加された作家業とで、やや疲れ気味で。より軽く読めるマンガやネット、エロばかりに手が伸びていたんですね。
 それを、先月あたりからテコを入れてアレコレと本を読むように矯正しはじめました。

 いやあ、ふたたび読むようになってみると、やっぱり本ってのは楽しいですね。
 ジャンルを定めずに好奇心が向くままに乱読していると、自分にとって書く喜びは、読む喜びから直結していたんだなあと再確認させられました。

 官能作家さんにもいろいろいらして、先輩の方々のなかには官能小説を書こうと思うまでは小説自体をほとんど読まなかった、という方もいらっしゃいます。
 でも、やっぱり自分にとっては、いろんな本の思い出が、作品を書く上で地盤になっているんですよね。しみじみ思います。

 いろいろ読んで、いろいろ溜めこんで、それを執筆につぎ込んで、そうやってより良い作品を生み出していきたいですね。
 
 皆さん、お勧めの本とかあったら、ぜひ教えて下さいな。



 さて、そんなこんなで今日読んだ本。

武士道シックスティーン (文春文庫)武士道シックスティーン (文春文庫)
(2010/02/10)
誉田 哲也

商品詳細を見る


 以前からお世話になってるライターさんから薦められて読んだ本です。
 コミック化や映画化と人気がある作品だそうですね。

 女子高生が、剣道にがんばるお話です

 とにかく、勢いのある作品ですよね。はじめはふたりの主人公の顔が思い浮かばずに戸惑いましたが、読み進めてキャラがわかってくるうちに、どんどんとのめりこんでました。
 いろいろと仕掛けはされていますが、中心にあるものはストレートで、力強いです。
 個性的な主人公たちも嬉しくて(とくに片方の主人公、香織!)、魅力的です。

 読んで、元気になれる本ですね。
 最終章とか、もう読んでいるあいだ顔がニヤニヤしっぱなしでしたよ(笑

 これまた、続編に手が出る一冊でした。

もし男性向けの官能小説作家がドラッカーの『マネジメント』を読んだら ②

(マーケッティングのつづき)

 さて、「顧客は誰か」について、読者と出版社が……などと書いてしまいましたが、マネジメント(エッセンシャル版)にはこの件についてもう書いてありましたね。
 曰く『ほとんどの事業が、少なくともふたつ以上の顧客を持つ』と。仁科にとっては、「出版社」「読者」となりますね。

 顧客のうち出版社については、現在まずきちんと対応しなければならない対象は決まってます。「マドンナメイト文庫」さんと「フランス書院文庫」さんと規定されます。
 それ以外の出版社さんたちも対象としたいとしても、まずはここできちんと仕事をする努力を払ってから。そう考えてますし。

 もうひとつの顧客、『読者』についてです。
 いろいろ考えたんですけどね。仁科が書きたい&読ませたい作品は、読者に喜んでもらえる作品なんですね。これは執筆における根本にあることだし、これが無ければ書く喜びもないと思います。
 そんでもってどう喜んで欲しいかといえば、これはわりと明確です。官能小説を書くからには、抜ける作品だと評価され楽しんでもらうこと。

 そんなわけで、官能作家:仁科一樹は『より気持ちよくヌきたい』とする読者さんを顧客と規定し、そんな読者さんを楽しませる作品を頑張って生み出すことで、出版社という顧客にも応える努力をしていきたいと、そう考えます。

とても綺麗でした


 有川浩さんは、先日読んだ『シアター!』が面白かったので、2冊目を購入しました。

塩の街 (角川文庫)塩の街 (角川文庫)
(2010/01/23)
有川 浩

商品詳細を見る



 氏のデビュー作を選んだのですが、いやあ、すごく良かったですね。
 とくに、第1章がとても素晴らしくて。最後の海のシーン、そこにある景色も、文章も、とてもとても綺麗で……見とれてしまいました。

 小説としての上手さだけでない、特別なものも感じますよね。一作目というのは、やはり特別なんだと思ってます。そうそう何度もつぎ込めないものが、いっぱいに詰め込められて溢れているというか。
 ホント、眩しいくらいです。

 満足、満足――ですね。
 次はどの作品を買ってこようかと、迷ってます。

リンク追加


 官能小説家早瀬真人さんのHPとリンクを張らせていただきました。

 二見文庫・マドンナメイト文庫で数作を発表し、その後も辰巳書房・キルタイムコミュニケーションなど活躍の場を広げつつある将来超有望な作家さんです。

 マドンナメイトさんの飲み会でお会いしてから、仁科が上京するときに連絡すると飲むのに付き合ってくれる、とっても気さくいい人です。
 プロフィールのページを覗いていただければわかりますが、もともとは編集、漫画家(メジャー誌に作品を掲載されたこともあるとのこと!)などの経歴をもってる方です。話を聞かせていただくと、ホント、いろいろ楽しい経験の持ち主です。北都凛センセに言わせると「ネタのビックリ箱(だっけ?)」。

 そんな早瀬センセのHPはコチラから。

プロフィール

仁科一樹

Author:仁科一樹
兼業エロ作家を営んでいる人間です。
連絡を取りたい奇特な方がいらしたら、下記までどうぞ

juvenile_kazuki☆yahoo.co.jp
(お手数ですが、☆を@に変更してください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。