FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あざといなぁ

 大学浪人時代の知り合い(とうてい友人とは言えまい)で、ストリートギャング崩れのヤツがいたんですよ。
 自分とはお互いにアクが強い者同士、ソリが合わなくて打ち解けることはありませんでした。が、とにかく強烈に印象に残っていることが。――ソイツ、ものすごく「ホメ上手」だったんですねえ。

 そこだけは現実として見習いながら、もう10年以上が過ぎているわけですが。
(一別いらい、会ってないけど。まったくもって、寂しくも無い)


すごい!ホメ方―職場で、家庭で、恋愛で…相手を思うままに操る悪魔の心理術 (廣済堂文庫)すごい!ホメ方―職場で、家庭で、恋愛で…相手を思うままに操る悪魔の心理術 (廣済堂文庫)
(2007/09)
内藤 誼人

商品詳細を見る


 人は、誉めて成長させるべし。
 人との付き合いは、誉めて褒めてホメまくれ。


 徹頭徹尾、「ホメる」ことこそが人間関係を潤滑にし、自身の成績を伸ばしもすると。
 あえて誤解を恐れずに単刀直入に評すれば、そんな本です。そして、作者が伝えたがっているのは、まさしくそんなコト。

 いやあ、あざといわ。そして、あざといだけじゃない
 読んでいて、狭いながらも自分の経験と照らし合わせても、すごく納得できるアドバイスばかり。さらにそれらは、さまざまな研究によって証明され、そこから引用されてきたもの。
 すごいね。明日から、実戦しよう――そう思っちゃいました。



 …………さて、官能小説家:仁科一樹としての立場を考えれば、顧客とは編集さんと読者さんたちなわけですが。
(『もし官能小説家ドラ』はコチラ

 編集さんをホメ倒すのは、比較的想定しやすいです。こんどの打ち合わせのときにでも、試しに実践してみればそれでよろしい。
 問題は、読者さん達をホメ倒すのには、どうしたらいいのか。こんな辺境的なブログで、いくら「読者様たち、アンタら最高~!!」なんて並べ立てても、ほとんど、限りなく、意味が無さそうなわけで。

 さて、どうしようか……と考えたら、答えは簡単に浮かんだように思えました。

 作家からの読者へのアプローチは、作品しかあり得ないわけで。
 そして読者は何を求めて作品を読むかといえば、いろいろなエロエロな欲求を満足させるためなわけです。

 であれば、作者が為すべきことは、唯一つ。
 作品を通して、読者が自身と重ね合わせるだろう男性主人公を、ホメまくるべきなのです!

 主人公には、男としての優越感を満たさせまくります!
「主人公=読者」には、こんなに魅力的な女だってひれ伏しますよね!
「主人公=読者」に抱かれれば、どんな女だってメロメロですよ!

 ――――ヲイヲイ、それって作者:仁科の欲求、そのものじゃんかよ。
 などと、ひとりツッコミをいれてみたりして。

 でもまあ、自分が書きたい官能小説はそんな内容のもので。自分が読みたい官能小説も、そういう内容のもので。
 だとすれば、ウン、間違ってはいないよな、と……よしなしごとを脳内でもてあそびながら読んだ、なかなかの一冊でした。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

仁科一樹

Author:仁科一樹
兼業エロ作家を営んでいる人間です。
連絡を取りたい奇特な方がいらしたら、下記までどうぞ

juvenile_kazuki☆yahoo.co.jp
(お手数ですが、☆を@に変更してください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。