FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし男性向けの官能小説作家がドラッカーの『マネジメント』を読んだら ①

 かなり売れているらしい、「もし高校野球の~(略して『もしドラ』)」の読感ついては、以前このブログでも述べさせていただきました
 面白くてね、とうとうドラッガーのマネジメント(エッセンシャル版)(ダイヤモンド社:P.F.ドラッカー著、上田淳生編訳)まで購入してページをめくっている途中です。
 まったくね。理系人間としての学歴しか持っていない人間が、滑稽なかぎりです。

 ……はてさて。ところで自分こと仁科一樹も3冊目の文庫本を出して、やっとプロの官能作家として階段の2段目に足を付けられたといった感じです。
 そこで、ここは更なる高みを目指し、いかにしてさらに売れる作家になろうかと分析の一つもしてみたくなるわけですな。

 とういうわけで、上記のごとき記事タイトルに到るわけです(笑


(以下は、経営学という学問とはまったく縁を持とうとしなかった、畑違いの勉強しかしてこなかった人間の戯言遊びです。
 そのあたりをご理解いただいたうえで、ご笑覧いただければ幸いです。
 ツッコミなどがございましたら、是非ともコメント頂ければ、きっと小躍りして喜びますのでよろしくお願いします)


 さて、ドラッカーによれば、企業(今回の場合は仁科一樹という、官能小説で金を稼いだり、創作者として満足を得たいという事業者)がまず基盤とすべき目的は、たった二つであるとのこと。
 つまり、『マーケッティング』『イノベーション』です。


 まずは、このうち『マーケッティング』からスタートしましょう。

 マーケッティングとは、すなわち「顧客はなにを求めているか。その分析」であって、さらにその前提として「仁科一樹にとっての顧客は誰か」という問いかけに答えてはじめて意味をなすわけです。どのような顧客に対して、その顧客がなにを求めているのに対して、仁科一樹はなにを提供することができるか――つまりはそういうことでしょうか。

「顧客=読者」というのは分かりやすい答えですが、これでは本当の意味での正答とはいえないようです。さらに一歩、踏み出さなければいけない様子です。
 たとえば幅広く、官能小説を好む全ての読者を対象とするのか。あるいはその中で、たとえば凌辱系を好む読者を対象にするのか。
 さらに考えれば、官能小説を読むにしてもオナニーのネタにしたい読者もいれば、出張の為に乗り込んだ新幹線の中で気分転換のアイテムとして好む読者もいるわけでして。そういうことも考えねばならないわけでしょう。

 仁科一樹が得ようとする顧客とは、いったいどのような読者なのか。そう問わなければならないのです。

 ――いや、まてよ? 自費で出版するならともかく、自分が作品を売り込むのは、直接的には出版社なわけで。これも念頭に置かないわけには、現実として片手落ちかもしれませんね。
 となると、①出版社の顧客とは誰か。 ②仁科一樹が顧客としたい読者を、出版社として顧客にしているレーベルはどこか ……というのが正しいのか?



 なんか、混乱してきましたね。
 今日はこのくらいにして、また後ほど考えていきたいと思います。


――――つづく。 
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

仁科一樹

Author:仁科一樹
兼業エロ作家を営んでいる人間です。
連絡を取りたい奇特な方がいらしたら、下記までどうぞ

juvenile_kazuki☆yahoo.co.jp
(お手数ですが、☆を@に変更してください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。