FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はこうして官能小説家になりました ③

 さて、初投稿が撃沈した、その後ですが。

 約1年後、こんどはおおよそ並行して書いた2作品を、まずマドンナメイト社(原稿用紙350枚弱)と、少しだけ遅れてフランス書院の美少女文庫(原稿用紙200枚強)に投稿しました。


 それから数ヵ月後、マドンナメイトさんから採用の連絡をいただきました。
 いや、嬉しかったですねえ。趣味で細々とやってきたことが、明確に形となって認められたわけですから。


 この作品が、『奴隷なカノジョ』です。

奴隷なカノジョ (マドンナメイト文庫)奴隷なカノジョ (マドンナメイト文庫)
(2009/01/09)
仁科 一樹

商品詳細を見る



 メールの内容は「出版に向けて、話し合いがしたい。できれば会えないか」とうものでした。
 会うのがムリであれば、メールでのやりとりでも大丈夫……とのことでしたが、直接会って話し合いをしたいと回答しました。
 やはりその方がいろいろと話し合ったり、情報を仕入れたり、あるいは様々なお願いがしやすいかなあ、と考えたので。せっかくの機会なので、現物(ナマ)の編集さんというのを見てみたかった、というのもありました(笑


 編集者というと、怖い人だというイメージがありました。なので、ドキドキしながら出版社に向かいましたね。
 お会いしてみると、ちょっとクール系ですが、気さくでとても話がしやすい方で。内心ホッとしながら、アレコレと話し合いをさせていただきました。
 素人丸出しでかつ、いささかぶしつけな質問に対しても親切に教えていただけて。とてもためになりましたよ。

 作品については、ネットなどで耳にしていた噂では、「まるごと書き直すことを注文されることもある」とあったので、その覚悟もあったのですけれど。
 そう尋ねたところ、編集さん曰く「この作品を面白いと思ったので、連絡をとった。だから、この作品でいきましょう」とのお答えでした。――これまた、嬉しかったなあ。


マドンナメイト文庫では、意欲あふれる新人作家を、常時募集していらっしゃるそうです。
「よし、俺も」という気合の入った方々は、できる最高の作品を書きあげて、ドシドシ奮って投稿しましょう!

 詳しくは、コチラ

 アレコレと部分々々の手直しをして、幸運にも出版の運びとなりました。

 題名は、編集さんがつけて下さいました。
 でもこのタイトル、すごくビックリさせられました。はじめ自分がつけた原題はシンプルに『奴隷少女』でした。ただ、編集さんより「”奴隷”という単語は、いくつかの理由からタイトルにはあまり使わないんですよね」と説明を受けていたのです。

 ……それが蓋を開けてみたら、『奴隷なカノジョ』ですよ? 『奴隷なカノジョ』!(笑

 結果としては、とても良い題名をつけていただけたと感謝しています。
 インパクトも強いですし。これまでのタイトルとは全く違う、ある意味では自分の作品で冒険してくれたのだなあと伝わってくる題名です。



 ああ、もうひとつ裏話を。
 この作品、いちど刊行の話が伸びています。
「すみません、ベテランさんの作品が急に仕上がったので。もちろん、仁科さんの作品もできるだけ早い時期に出しますから」と連絡を受けました。
 新人の作品というのはそんなものだろう、と納得する気持ちと同時に、残念な気持ちももちろんあって。複雑な心境でした。
 そして当然のこと「いったい誰だよ、俺のデビューを伸ばしてくれやがったのは」という悔しい気持ちも。

 ちなみにそのベテランさんは、某大御所○○先生でした(笑
 間違いなく、ベテランエースのお一人ですとも。そりゃあ、仕方がないでしょう。○○先生の作品を押しのけて新人デビューなんて、あり得ないですわ。
 確認して、ホントに、おもわず笑っちゃいましたけれどもね。


 そして数ヵ月後、無事『奴隷なカノジョ』が発売されたわけです。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

仁科一樹

Author:仁科一樹
兼業エロ作家を営んでいる人間です。
連絡を取りたい奇特な方がいらしたら、下記までどうぞ

juvenile_kazuki☆yahoo.co.jp
(お手数ですが、☆を@に変更してください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。