FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はこうして官能小説家になりました ②

 ――おっと、①で書き忘れたこと。

 投稿をしようとすれば、当然のこと情報を集めなくてはいけませんでした。

 情報収集の手段はふたつ。


 ひとつには、購入した本そのものですよね。
 どんなラインナップがされていて、どんな傾向の作品が揃えられているか。
 また、それぞれ巻末やしおりに、募集要項とかが書いてあります。
 これらの情報が無ければ、何をどうピントを絞って投稿すればいいのか、見当もつきませんよね。


 ふたつめには、やはりインターネットです。
 各出版社のHPを覗き、また投稿支援サイトを調べ、投稿を受け付けている社を探します。
 同時に、投稿する時の書式をどうするかとか、印刷物あるいは電子情報をどうやってまとめて送るかとか、そういうのを調べまくりました。

 大手掲示板の2ちゃんねるなんて、活用しまくりましたよ。『作家になろう』という系統のスレッドは、とても役に立ってくれました。
 送るにしても、原稿の印刷形式はどうするか。とか、他の人たちがどうしているのか、知りたい情報は多いですよね。
 自分が作家になれたのには、そういうトコロであれこれ親切に教えてくれた人たちのおかげも、ぜったいにあるでしょう。

 当該スレッドとかには今でも、官能作家志望者さんたちに役立つだろと思う情報を、ときおりは書き込んだりしてます。
 与えてもらったものには、お返しがしたいですよね。たとえ与えてくれた当人に対してではなくても、です。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

仁科一樹

Author:仁科一樹
兼業エロ作家を営んでいる人間です。
連絡を取りたい奇特な方がいらしたら、下記までどうぞ

juvenile_kazuki☆yahoo.co.jp
(お手数ですが、☆を@に変更してください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。